>

今でも時々見かけることがある

ドリンクの種類

販売されているドリンクの容器が異なるというのが、昔の自動販売機の特徴です。
今は缶やペットボトルが多いですが、昔はほとんどのドリンクが瓶でした。
蓋もしっかりと閉められているので、簡単に開けることはできません。
栓抜きが必要ですが、昔の人は栓抜きをいつも持ち歩くことはしませんでした。
その理由は、自動販売機に栓抜きが備わっているからです。

そこを使えば簡単に開けられるので、今と同じようにみんなが好きなタイミングでドリンクを購入していました。
しかし今ほど種類が多くなく、炭酸飲料やオレンジジュースなどしかなかったと言われています。
そのように昔に設置されていた自動販売機には、変わった特徴があったことに驚きですね。

数が少なくなってしまった

現在は、ほとんどが缶やペットボトルにドリンクが入れられています。
たまに瓶に入れられたドリンクを見かけますが、それでも簡単に開けられるように工夫されています。
なぜ容器に瓶を使わなくなったのかというと、やはり開けにくいからでしょう。
ペットボトルや缶の方が簡単に開けられるので、もっと手軽に誰でも自動販売機で購入できるようになりました。

自動販売機に栓抜きが付いているのは嬉しいですが、いちいちそれを使って蓋を開けるのは面倒だという意見が多かったようですね。
時代が進むと共に日本の自動販売機やドリンクの容器が進化し、今では栓抜きを使う必要がありません。
ですから、栓抜きが付いている自動販売機は数が少なくなっています。


この記事をシェアする